高額費用は昔の話部分矯正は安いが当たり前に

subpage1

治したいのは気になっている一部分の歯だけ、でも料金が高いから矯正をするか迷っているという人もいるでしょう。

医療技術の進化や器具の開発などにより、部分矯正が安い価格でできるようになってきています。



奥の歯はしっかりときれいに並んでいるのに前歯だけ歪んだり、すきっ歯になっている、下の歯だけ並びがジグザグといったとき、問題ない歯にまで器具をつけてダメージを与える必要性がなくなってきています。


部分矯正は安い価格で行えますが十分に成果が期待できるものであり、目立たせないように裏側からだけワイヤーで矯正ということもできます。

期間も全部行うとなると2年くらい必要になってきますが、数か月で終わらせることができる人もいます。



部分矯正を安い価格で行っている歯科クリニックは増えてきていますが、一部だけだからこそ技術のある医師に行ってもらうことが大切で、器具の設置の仕方によっては周りの歯に影響を与えて、余計に歪ませてしまう心配があります。
しっかりと歯科用CTなどを駆使して画像診断を行い、歯やあごの骨の状態から判断して、どれくらい移動させるかなど綿密な施術計画を出すことができる医師でなければきれいな歯並びにしてもらうことができません。あまり一度に歯の移動範囲を大きくしてしまうと、痛みが出たり歯茎がうずいてきてしまうことがあります。



かみ合わせの調整も十分に行ってもらえないと、歯が欠けてしまったり、発音が悪くなる、舌や頬をかんでしまったり、頭痛や肩こりなど口内以外にも影響が出ることがあります。


優れた医師の下で部分矯正を安い価格で行い、いつでも笑顔が見せられるきれいな歯並びにしましょう。

注目情報

subpage2

歯科矯正が大分浸透してきていますが、費用や時間、矯正中の見た目の悪さが気になって手を伸ばせない方もいると思います。本来ならば噛み合わせを含めて考えるために全体の矯正になってしまい、その分コストや時間がかかってしまうことがほとんどです。...

next

学びたい知識

subpage3

部分矯正は全体矯正と比較すると治療期間が短く、治療範囲も小さいため治療費も半分から3分の1程度と安いのがメリットです。奥歯の噛み合わせを良くするために奥歯だけ部分矯正することも可能ですが、審美的な面から前歯だけの部分矯正をするケースが多いようです。...

next

納得の事実

subpage4

歯列矯正は大きく分けると、全体矯正と部分矯正の2種類があります歯列矯正は自費診療となるため費用が高くなりがちですが、部分的に矯正するならば全体矯正よりも安い費用で治療を受けることが可能です。部分矯正は、その言葉通り前歯のような気になる部分にのみ矯正を行うため、全体矯正と比べて施術箇所を減らすことができます。...

next

難しくない医療

subpage5

歯並びに自信がありますか。毎日、大きなお口を開けてしっかり笑っていますか。...

next